FC2ブログ

たがや

主に金属で動物や虫をつくっています。その他いろいろな制作活動の様子を紹介します。


紙箱の額(お願いして作ってもらったもの)

P1311049_convert_20180202212517.jpg
お客さんよりも友達などに、壁につけられるようにすれば良いよ、と前々から言われていました。
以前、個人のお客さんの注文で甲殻類種類を木の額につけてお渡ししたことがありましたが、作ってもらうコストが高く、取り付けも大変だったので、それ以降はそう言われることもなかったこともあり作らなくなりました。
今回は「紙箱作家さんがいるよ」という何気なくもらったメッセージから、これなら出来るかもと思いお願いして作ってもらいました。
P1311047_convert_20180202212157.jpg
箱は大小2つで、縦にも横にも使えます。
汚れ防止のためにクリアシートを被せられますが、もちろん取り外しても使用可能です。
壁に掛けられるように画鋲の穴が縦横についています。
壁に掛けず立てかけても良いと思います。
P1311048_convert_20180202212338.jpg 
付け方は、台紙のなみなみを起こして虫の脚に引っ掛けてつけます。
ここが一番どうしてよいかわからなかったところですが、何度かやり取りをしてご提案をいただきました。意外と外れないんですよ。
P1311064_convert_20180202211642.jpg 
小さい方の額には小さい虫を並べて飾れます。
P1311066_convert_20180202211712.jpg 
大きい虫は一匹飾れます。
P1311067_convert_20180202211858.jpg 
立てかけるとこんな感じ。
P1311074_convert_20180202212255.jpg 
通常は組み立て前の状態でパッケージングして販売する予定です。
P1311076_convert_20180202212434.jpg 
組立図も作ってもらいました。
組み立てたくない人には組み立ててお渡しする予定です。

これを作ってくれたのは
『 小さな箱屋 Little Ants' Cube リトルアンツキューブ 
という作家さんです。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/03(土) 03:50:58|
  2. 制作物(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

首輪をつくりました

首輪を作りました。
相変わらずくせ字で彫金しています。裏には電話番号が彫ってあります。
PA220926_convert_20171022023519.jpg 
皮だけを購入して、金具やネームプレートはありもので、シンプルな仕様です。
兄妹なのに大きさに差が出てきました。首輪の長さが違いますね。
PA210915_convert_20171022022923.jpg 
こうみるとあまり変わりなさそうですが、頭の大きさや体高が結構違います。
PA210910_convert_20171022022732.jpg 
寝てるか駆け回っているか逃げ回っているかでなかなか写真を撮らせてくれないのですが、ごはんの時は寄ってくるのでシャッターチャンス到来です。
PA210913_convert_20171022022844.jpg 
よくできました!はやく喰わせろーなんですが。。
PA210918_convert_20171022023053.jpg
こちらは食後。僕がカレーを食べているのをずっと見ています。
PA210919_convert_20171022023139.jpg 
香辛料は得意ではなさそうです。よく喰えるなぁ…なのでしょうか。
PA220927_convert_20171022023711.jpg 
実は皮を買ってしばらく作る気になれず放置していたら彼らの遊び道具になってしまい、思いがけずビンテージ風の首輪になりました。
PA220922_convert_20171022023258.jpg 
そういえば最近、不妊と去勢の手術をしました。みーちゃんは2日前に抜糸をして表面はきれいになってきましたが、内側はまだのようで触るとコリコリした違和感の範囲が大きいです。剃られたお腹の毛は少し伸びてきました。
PA220920_convert_20171022023220.jpg 
下っ腹に脂肪が溜まってぷよぷよしているので、病院に行く度に「この子将来太るよ!」と言われてしまいます。
PA210902_convert_20171022022707.jpg 
よけいなお世話よって感じでしょうか??
  1. 2017/10/22(日) 03:23:27|
  2. 制作物(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編み込みリング

P9150841_convert_20170915164605.jpg
編み込みのリングをつくりました。
竹などでは一般的なもののようですが、金属でつくってメッキ仕様にしました。
P9150842_convert_20170915164625.jpg 
これをもう一重編むと桶のたがなどに用いられる『たが組み』になります。
”たがや”ですからそれもつくりたいですね。
ひとつ難点があって、それはサイズ調整が難しいということ。
編んだ直後に少しだけ調整できますが、ほんのちょっとだけです。研究が必要ですね。
P9150845_convert_20170915164709.jpg 
石留めもあります。まだ慣れません。ほとんど彫金教室の先生にやってもらったものもあります。
この石は委託先のお店で購入したエチオピアブラックオパールです。
知識も技術も薄いので数をこなしたいですね。
P9150846_convert_20170915164742.jpg 
これも先生のアイディアでセパレートにしました。
おっしゃれーですねー。自分では考えつきません。

  1. 2017/09/15(金) 17:18:00|
  2. 制作物(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペン先と家のブローチとわすれな草のピンバッチ

P6300640_convert_20170730103034.jpg
キズが目立つ写真になってしまいました。
7月のはじめに両親にあげたブローチとピンバッチです。
両親に対して祝ったり何かを贈ったりということはほとんどないのですが、ちょうど母のきりのよい誕生日で、今後少なくなってくるそういうタイミングをムダにしないようにとも思って作って贈ることにしました。
P6300626_convert_20170730103643.jpg
わすれな草のブローチです。
真ん中の石はオニキスです。実は石留めははじめてでした。慣れた人と比べると荒さが目立ちます。
花は7つ、花びらは5枚で、6つの花で一つの花を囲むと一つの花の花びらが他と違い真ん中の花びらに接しなくなります。
偶然そうなってしまったのですが、かっちりシンメトリーというのも今は好みではないので結果オーライということでしょうか。
P6300636_convert_20170730102757.jpg
ペン先型のピンバッチです。
プライバシーのために加工して見えないようにしてますが、ペン先の下の黄色のところには父の名と誕生日が彫ってあります。父はずっと書類と向き合うような仕事をしていたのでペンにしました。
素材は銀と赤銅と真鍮です。ペン先の銅色も赤銅なのですが、黒よりも銅色のほうがしっくりきたので着色せずに銅色のままとしました。
病気で時々自分がどこにいるのかわからなくなるので、裏には連絡先が彫ってあります。
小さくてやりにくいということはありますが、彫りが巧くありませんね。普段書く癖字がそのまま反影されてしまいました。
P7270736_convert_20170730103151.jpg
こちらはペン型と同じカタチをした家型のピンバッチ。
ピンバッチはいくつかあったほうがよいので後日作って贈りました。
素材はペン型の部材と逆で、銀のところを赤銅、赤銅のところを銀で作っています。窓のところは金箔を布目象嵌で止めています。
彫りはやっぱりもう少し研鑽が必要ですね。


喜んでもらえましたが、少し経って母には「こういうの(商売として他の人にも)作ってあげたら…?」と言われました。
それもよいかもしれないけど、今回はあなた方のために特別に作ったんですけどね。
…普段しみったれた話ばかりしているからでしょうか。
  1. 2017/07/30(日) 11:55:06|
  2. 制作物(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兎の前金具


兎の前金具です。うさぎの横のチョロっと出てる留め具は『波』です。縦になっていますけどね。。
そうなのです。これは日本の伝統的な図柄のひとつである『波と兎』をぼんやりと表しています。
IMG_4139_convert_20151126084722.jpg
モチーフの兎は明治時代の金工の大家である海野勝岷作の煙草入れの兎前金具を模したものですが、作る過程で方向転換を余儀なくされてあっさりとオリジナルの風合いになりました。
IMG_4140_convert_20151126084759.jpg
これは2年ほど前から通っている彫金教室で作ったものです。
出来ると思ったものでも人の目を通すことで実は全く出来ていないことに気付かされたり、そればかりではなく解決も出来るので有り難い限りですね。

というか…帳尻を合わせたりカシメたり、やってもらったことも多々あります。
IMG_4147_convert_20151126084808.jpg
そういえば、僕は小学校1年生の冬から中学1年生の夏まで嫌々ながら習字教室に通っていたことがあって、あらためて教室に行くことで気持ちが元に戻るというか落ち着くものがあります。
体力的に毎週は行けませんが、今は嫌々ではないです。

習字については、児童の部で九段を超えて名前の段を2つくらい取ったのですが今は見る影もありません。当時もなぜそこまで行ったのか不思議だったように思います。
IMG_4148_convert_20151126084942.jpg
箱は、3年ほど前に壁掛け型のエビカニのご依頼を受けた時に、出会って間もない木工作家のコノコトさんにつくってもらったものの試作で、しばらく経ってからいらないからあげると言われて頂きました。
箱の納品直前に病気が発症して入院したので、忘れがたき思い出です。
IMG_4151_convert_20151126084846.jpg
今度のいきもにあなどのきれい目な展示で使いたいのですが、中敷き(写真は以前頂いた風呂敷です)や開けた時にフタを固定すべきかなど悩み中です。
IMG_4132_convert_20151126084612.jpg
かなり時間をかけて取り組んだので、もうすでに愛着と満足感がすでにあります。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/11/26(木) 10:03:50|
  2. 制作物(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

たがや

Author:たがや
主に一枚の金属板から動物や虫などをつくっています。2012年よりいろいろなところで展示、販売しています。
個人様による特別注文、ネット販売は行っていません。


・薫風花乃堂(東京 神保町)
http://k-hananodou.com/
で毎週火曜日に作りながら店番をしています。

ほか、いくつかのお店に置いてもらっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント参加予定 (28)
制作物(甲殻類、爬虫類、両生類、カブトガニ綱) (20)
制作物(虫) (59)
制作物(動物) (39)
制作物(鳥) (8)
制作物(魚) (1)
制作物(植物) (4)
制作物(注文) (11)
制作物(その他) (11)
会場 (23)
ネット販売について (1)
日々 (57)
未分類 (7)
注文について (1)

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP