FC2ブログ

たがや

主に金属で動物や虫をつくっています。その他いろいろな制作活動の様子を紹介します。


ターシャ(フィリピンメガネザル)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

いろいろやることが重なったり、新しいパソコンに慣れないなどで更新が空いてしまいました。
貯まったものもあるので、これから少し続けて投稿したいと思います。
これは去年8月の二人展のためにつくった”ターシャ”と呼ばれるフィリピンメガネザルです。
二人展のテーマの舞台が南国だったので、いろいろ探していて出会いました。
P1071275_convert_20190108020306.jpg
フィリピン、ボホール島に住む世界最小のメガネザルです。
過度のストレスがかかると自分で木や石に頭をぶつけたり高いところから飛び降りて自殺してしまうこともあるそうです。
P1071276_convert_20190108020357.jpg
ボホール島は観光地で綺麗な南国の海をたたえ
チョコレートヒルズという山々があり
さらにそこに繊細な心を持った小さい猿が住んでいるとなると
現実というより絵本の中の話のようです。
P1071279_convert_20190108020441.jpg
実物は10センチ程だそうですが、つくったものは頭から足まで2センチほどです。
P1071280_convert_20190108020515.jpg
このくらいの大きさを厚みのある板一枚で表そうとすると
相変わらず角度によってなんだかよくわからないところが出てきます。
P1071281_convert_20190108020538.jpg
表面的な造形だけでも実物の生き物の緻密さを感じてしまいます。
P1071282_convert_20190108020552.jpg
そう言えばターシャ、スターウォーズのヨーダのモデルなんだそうですよ。
似てますか?
  1. 2019/01/08(火) 03:30:00|
  2. 制作物(動物)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカバイソン(Ⅲ型)

去年作ったⅡ型で良いかと思っていましたが、時間が経つにつれて次第にもう少し近づけないかと思い再度作ってみました。
P6100596_convert_20170610002517.jpg 
これがⅡ型。
P6100599_convert_20170610002631.jpg
Ⅱ型の横顔。
PA041222_convert_20181004190222.jpg 
こちらは今回改良したⅢ型。シンプルな頭になりました。
PA041213_convert_20181004185848.jpg 
骨格を検索すると、背骨の腰から肩甲骨にかけて骨が突き出ており(椎骨棘突起
それが牛などよりも長いため、グッと前のめりのようなカタチになるようです。
PA041220_convert_20181004190117.jpg 
背中。最初期よりだんだんシンプルになっています。
PA041219_convert_20181004190052.jpg
お尻。この辺はあまり変わりません。
PA041217_convert_20181004190008.jpg 
ずん
PA041216_convert_20181004185943.jpg
ずずん
PA041214_convert_20181004185915.jpg
ずずずん
PA041218_convert_20181004190032.jpg
よろしくね

  1. 2018/10/04(木) 22:00:59|
  2. 制作物(動物)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロコブゾウムシ(改良Ⅱ型)

シロコブゾウムシは前につくりましたが、
カタチがイマイチだったのかあまりわかってもらえず
売上も相応だったのでずっとやり直そうと思っていました。
P9131180_convert_20180914113705.jpg 
実物は、脚や触覚はもっと細く、首と背中の境目がもっと盛り上がっているのですが、
強度と作り勝手(値段相応の作業範囲)でこのかたちに落ち着きました。
P9131181_convert_20180914113723.jpg
正面からだとよくわからないですね。
P9131179_convert_20180914113649.jpg
もうちょっとシュッとしていたような…。
作り手に似たのか、ややメタボ気味につくる傾向があります。
P9131175_convert_20180914112953.jpg
これはいままでの。
比較すると残念ながら特徴を押さえていないです。
小ささとそれっぽさでなんとか胡麻化してきた感じでしょうか。。
P9131186_convert_20180914113834.jpg
作り直そうと思ったきっかけの横顔。
P9131185_convert_20180914113812.jpg
作り直した方。
P9131171_convert_20180914112827.jpg
生態にかかわらず、たくさん作ると並べたくなるサガです。
こどものままなんでしょうか。。
P9131172_convert_20180914112848.jpg
いかがですか、こんなの。
P9131174_convert_20180914112930.jpg
お宅の壁紙に!
  1. 2018/09/14(金) 12:20:44|
  2. 制作物(虫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人展「瓶詰の地獄」の様子

 KIMG2502_convert_20180828064230.jpg
8月18日(土)から20日(月)におこなった二人展「瓶詰の地獄」の様子です。
あまり写真を撮っていなくて申し訳ないのですが…。
KIMG2508_convert_20180828064434.jpg 
入り口を入ってすぐは松本ジョゴさんの小さい絵と僕の大きいパネル。
僕のパネルには虫やヤモリのピンバッチが120個くらいくっついています。
KIMG2504_convert_20180828064302.jpg
小さい4枚の絵にはそれぞれ小さく「瓶」「詰」「地」「獄」の文字が描かれています。
KIMG2514_convert_20180828064506.jpg 
100個くらいでいいかと思っていたけど着けてみると120個でもぎりぎり体裁を保つくらいでした。
結局、開催間近までずっとピンバッチを作っていました。
KIMG2503_convert_20180828064249.jpg 
上から吊るした籠にぶら下げた枝とメガネザルのターシャは気づかれないこともありましたが概ね好評だったように思います。枝と数匹は貰われて行きました。
KIMG2506_LI_convert_20180828064322.jpg 
籠のぶらぶら越しのジョゴさんの絵。
お客さんはプライバシー保護のため加工させていただきました。
KIMG2515_convert_20180828064523.jpg 
ジョゴさんの絵。
KIMG2516_convert_20180828064542.jpg 
写真がまがってしまいました。
この方は特に美術を勉強した訳でもないのに普段は絵本の仕事をしていてこんな絵も描きます。
思ったより短時間で描いているのに驚きました。
KIMG2507_convert_20180828064416.jpg 
たがや作のサメのデフォルメ骨格。
写真に撮るのが難しかったので後日うまく撮って!ご紹介します。

ギャラリーは1900年代の前半に建てられた古い建物の中にあり、出会う人も(主にジョゴさんの知り合いでしたが)普段接することがない方々でしたが新鮮というよりは前にどこかで会っていたような感覚があり、なんだか過去のよい時に戻ったような幸せな時間でした。
  1. 2018/08/28(火) 07:39:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人展のご案内

瓶詰の地獄2_convert_20180711191007

8/18(土)から20(月)まで、清州白河にあるアートラボ メルトメリというところで、
普段は某有名キャラクターを擁する児童向け絵本のイラストレーターとして活動している
松本ジョゴさんと展覧会をします。

今回は、100年近く前に書かれた夢野久作の「瓶詰の地獄」という小説をテーマにした展示です。

お話を頂くまで夢野久作も瓶詰の地獄も知らなかったのでどうなるかというところですが、
もう腹をくくって…時間も迫ってきたし、とにかく作るしかない今です。

P8071166_convert_20180807071916.jpg

お話をもらってから結構時間が経ちますが、何をどうするかで時間が過ぎてしまい
ちょっと遅れ気味かというところですが、間に合わせますよ。

P8071163_convert_20180807071822.jpg 

ギャラリーで通常の物販とは異なる形でやるのは冷静に考えるとはじめてかもしれません。
あ、でも学校の卒業制作とかで展示の経験はあります。それ以来ということになります。

どんな展示になるか並べてみないとわからないところもあるのですが、
定番のものも沢山並べてあげたいです。

P8071168_convert_20180807071942.jpg

去年食べたウチワエビの殻のどこかにつけて持っていこうとしています。

P8071164_convert_20180807071852.jpg

これは何でしょう?
ヒミツです。

P8071169_convert_20180807072010.jpg

試作やまだ手をつけていないやりたいものがいくつかありますが、
開催まであと10日あまり。

瓶詰め地獄_convert_20180711190937
よい展示にしたいですね。
  1. 2018/08/07(火) 08:12:44|
  2. イベント参加予定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

たがや

Author:たがや
主に一枚の金属板から動物や虫などをつくっています。2012年よりいろいろなところで展示、販売しています。
個人様による特別注文、ネット販売は行っていません。


委託先・薫風花乃堂(東京 神保町)は取り扱い中止しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント参加予定 (28)
制作物(甲殻類、爬虫類、両生類、カブトガニ綱) (20)
制作物(虫) (61)
制作物(動物) (41)
制作物(鳥) (8)
制作物(魚) (2)
制作物(植物) (4)
制作物(注文) (11)
制作物(その他) (11)
会場 (23)
ネット販売について (1)
日々 (57)
未分類 (7)
注文について (1)

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP