FC2ブログ

たがや

主に金属で動物や虫をつくっています。その他いろいろな制作活動の様子を紹介します。


トックリバチ

P4131128_convert_20180607122454.jpg
どうもこんにちは、トックリバチです。
P4131129_convert_20180607122516.jpg 
トックリバチです。ときどきすぅーっと君のそばを通り過ぎます。
P4131130_convert_20180607122546.jpg 
トックリバチです。とっくり作るの上手です。
P4131123_convert_20180607122135.jpg
い”や”---っ!!
ってこんな状況はほぼないと思われます。
P4131125_convert_20180607122407.jpg 
…そうであってももう慣れてしまいました。
P4131127_convert_20180607122428.jpg
背中の模様が笑い顔です。誇張しすぎでしょうか。
P4131133_convert_20180607122641.jpg
ひっくり返すとあらまぁ、張りぼてでしたー。。
  1. 2018/06/07(木) 13:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴマダラカミキリ

P4131135_convert_20180417105314.jpg
ゴマダラカミキリです。
リクエストが多かった虫です。
重い腰をあげてやっとつくりました。
P4131154_convert_20180417105504.jpg
ゴマダラカミキリはよく見られる虫だそうですが、
実は僕が子供の頃よく見たのは模様が黄色いキボシカミキリ(左)でした。
こちらのほうは外来種らしく、存在が確認された時期によく見ていたので、
ひょっとすると問題になっていたのかもしれません。P4131138_convert_20180417105357.jpg
クラフトフェアなどに出店していると
お友達連れのおばちゃん(失礼!)なんかが
「いや〜!あなたの嫌いなやつ〜!!」
とか言いながら通り過ぎて行きますが、
P4131134_convert_20180417105242.jpg
幼虫(てっぽう虫)がバラの枝をダメにしたりするので、
大切にされている人にとっては天敵にされてしまうようです。P4131139_convert_20180417105431.jpg
可愛らしいブログに「見つけたので潰して捨てました」
とか書いているのをみるとゾーっとしてしまいます。
どこかに逃がしてあげるとか虫好きの子供にあげるとか
養殖して業者に売るとか…何か良い方法があるとよいですね。
  1. 2018/05/09(水) 15:37:31|
  2. 制作物(虫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツマグロオオヨコバイ

P4131150_convert_20180417104634.jpg
ツマグロオオヨコバイです。
P4131143_convert_20180417104041.jpg
なじみ深いです。
すーっと飛んできて服に留まったりするので友達みたいな感じでしょうか。
でもあるみたいですが。。
都会に引っ越したせいか最近はあまり出会っていない気がします。P4131151_convert_20180417104717.jpg
色は漆でつけました。
金属をメインで扱いたいのであまり漆に頼るのもどうかと思うのですが、
漆は何かと便利です。
P4131147_convert_20180417104115.jpg
ヨコバイもカメムシ目です。
カメムシはすごいですね。
P4131148_convert_20180417104226.jpg
刺されることがあるらしく、
刺された人いわく「ものすごく痛い!」そうです。
僕はまだ未経験です。
P4131149_convert_20180417104611.jpg
今年は出会えるでしょうか。
  1. 2018/04/17(火) 11:48:00|
  2. 制作物(虫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミナミコメツキガニ(ご依頼もの)

P3231099_convert_20180327014332.jpg
南のほうに棲んでいるカニです。
残念ながら見たことがありません。
P3231100_convert_20180327014356.jpg
砂浜に居て横歩きではなく前に歩くそうです。
P3231105_convert_20180327014813.jpg 
甲羅の幅が1cmくらいだそうなので、こちらは倍くらいの大きさです。
P3231102_convert_20180327014616.jpg 
砂を丸めたりするのに適応した鋏が特徴的ですね、
P3231101_convert_20180327014522.jpg 
本物は甲羅が青紫がかって見えます。
こちらも何となく青紫色ができるようになりましたが、理想にほど遠い上
弱くて取れてきてしまうので量産には時間がかかりそうです。
P3231103_convert_20180327014728.jpg 
かわいらしいし実際に見てみたいですねー。
P3231106_convert_20180327014907.jpg 
うーん、、ウチには猫がいるしなぁ。。

  1. 2018/03/27(火) 02:58:03|
  2. 制作物(甲殻類、爬虫類、両生類、カブトガニ綱)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タガメ

P3231107_convert_20180324020531.jpg
タガメをつくりました。
こういう写真を撮ってみたかったのです。
P3231111_convert_20180324020731.jpg 
皿にのせるとなんかグロいですね。
P3231112_convert_20180324020801.jpg 
僕が暮らした地域では子供の頃すでにタガメは見かけることがなく、
水中のヒーローといえばミズカマキリでした。
ミズカマキリや大きなゲンゴロウがいればみんなでぎゃーぎゃー言って喜んでいたと思います。
P3231114_convert_20180324021033.jpg 
タガメもミズカマキリもカメムシの仲間です。
カメムシの仲間にはセミもいます。
水の中に進出したもの、長い間地中で暮らすもの、スタンダードなカメムシも模様が綺麗だったり
幼虫が愛らしかったりで、精一杯生を謳歌しているように思えてしまうのです。
P3231113_convert_20180324021002.jpg 
タガメは水中の王様ですしね。
お尻の管は呼吸管です。
P3231115_convert_20180324021323.jpg 
口器も管状ですがカメムシの仲間にしては短めのようです。
P3231110_convert_20180324020550.jpg 
サービスショット…!?

  1. 2018/03/24(土) 02:52:15|
  2. 制作物(虫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

たがや

Author:たがや
主に一枚の金属板から動物や虫などをつくっています。2012年よりいろいろなところで展示、販売しています。
個人様による特別注文、ネット販売は行っていません。


・薫風花乃堂(東京 神保町)
http://k-hananodou.com/
で毎週火曜日に作りながら店番をしています。

ほか、いくつかのお店に置いてもらっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント参加予定 (28)
制作物(甲殻類、爬虫類、両生類、カブトガニ綱) (20)
制作物(虫) (59)
制作物(動物) (39)
制作物(鳥) (8)
制作物(魚) (1)
制作物(植物) (4)
制作物(注文) (11)
制作物(その他) (11)
会場 (23)
ネット販売について (1)
日々 (57)
未分類 (7)
注文について (1)

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP